2015年01月07日

01/07 TRのハンドルを交換してみた

昨年10月に手に入れたウチの2002FLTR。 
納車時にハンドルは換えてあったものをわざわざ純正に戻して納車しました。 やはり「素」を味わってからポジションを弄っていきたいですから。 

純正ハンドルは、もちろん非常に操作しやすい位置にポジショニングされとります。 
私の乗り方としては高さは純正位置で問題ないのですが(あまり高くするとカウルから手が出て、風モロに受けて冷たいんじゃないかと)、もう数センチ「絞り」があったほうが良いです。エンドだけ3センチくらい手前に来て欲しい。 乗っててワキが開く....というか、ちょと手首が疲れます。

第1弾として、これに交換してみます。

20150107+01.jpg

クロスボーン純正ハンドル(黒)

TR純正に較べると、7センチくらい上がって、絞りは理想くらい。 幅はほぼ同じ。
メーターカバーを外して、ライザーボルトにアクセス。
TRの方は、下側のボルトに覆いかぶさる部分をあらかじめサンダーなどでカットしておくと、他をバラすことなくボルトにアクセスできて楽ですよ。

20150107-02.jpg

ちゃちゃっと交換しちゃいます。

20150107-03.jpg
20150107*04.jpg   
ビフォーアフターで較べてみると、けっこう上がりましたね>高さ(汗)
しかし、ポジション的には楽そうなポジになりました。 試走してみて風の当たり具合を確認せねば、ですね。


.












posted by ぴょんきぃ at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 単車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RSS取得

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。